もやし炒めの簡単レシピや保存方法|未開封の場合の賞味期限は?

もやし炒めの簡単レシピ

 

もやし炒めの簡単レシピはいろいろあります。

 

最もシンプルな基本の簡単レシピは塩コショウだけで味付けしたものです。

 

最初にもやしを良く洗います。

 

炒め物の基本は水気をしっかり切ることですから、ざるにあげておきましょう。

 

フライパンに大匙一杯弱のオイルを熱します。

 

オイルはなんでも構いませんが、オリーブオイルやごま油が健康的です。

 

フライパンにもやしを加えます。

 

火力は強めの中火です。

 

最初はすぐに混ぜないことがポイントです。

 

一分ほどしたなら、大きくゆするようにしてかき混ぜましょう。

 

全体的にしんなりとしてきたら完成です。

 

最後に塩コショウを少々振りかけていただきます。

 

別の簡単レシピは卵炒めです。

 

最初に油を多めに入れたフライパンで、スクランブルエッグを作ります。

 

加熱は一分程度で充分です。

 

余熱で火が通るため、加熱しすぎないように注意しましょう。

 

一度お皿に取り出しておき、続けて基本のもやし炒めを作ります。

 

最後に卵を入れて軽く混ぜます。

 

好みに応じて、粉チーズやミックスベジタブルなどを加えてもおいしくなります。

 

もやしは大抵の食材と合うので、応用がききます。

 

水分の多いと一緒に炒めることは避けるようにしましょう。

 

味付けはしょう油やカレー粉でもおいしくいただけます。

 

 

もやしナムルの作り方はレンジでも作れる

 

レンジを使用するもやしナムルの作り方はどのようなものなのでしょうか。

 

もやしだけでもおいしく作ることができるナムル。

 

安い食材を使って立派な一品が作れるので、給料日前の節約料理としても、ダイエット中のメニューとしても、お酒のおつまみとしても最適といえます。

 

簡単に作れるナムルを、レンジを使ってさらに簡単に作ることができれば、とてもうれしいものです。

 

そこでレンジで簡単にできるもやしナムルの作り方をご紹介します。

 

まず材料はもやし、ごま油、醤油、塩の4つです。

 

これに生姜のすりおろしやにんにくのすりおろし、豆板醤などを好みで加えてもおいしく仕上がります。

 

作り方としては、まずもやしは水洗いをしてよく水気を切り、耐熱皿に移して、ラップをしてレンジにかけます。

 

この時に水切りをしっかりと行わなければ、調味料と混ぜる時に味が薄まって美味しくなくなってしまうので、しっかりと水切りは行いましょう。

 

加熱の目安時間としては2分から3分ほどです。

 

その間に調味料を全て混ぜておきましょう。

 

調味料とからめれば完成です。

 

これを冷蔵庫でしっかりと冷やしてから食べると、さらにおいしくなるでしょう。

 

アレンジレシピとして、ゴマやニラを加えたり、ラーメンに入れてもおいしく食べることができます。

 

 

もやしの保存方法で冷凍した場合の期間

 

もやしは栄養価が高く比較的安価であるため家庭の食の味方と言えますが、ただ成長段階の大豆のため内部に多くの水分と酵素が活発に働いていることから食べづらくなる腐敗の速度が速いです。

 

そこでもやしを大量に買った後に食べきれなかったときには、もやしが腐敗する前に長く保存できる保存方法を実践すると良いです。

 

その保存方法の一つが冷凍することであり、冷凍にすることによって内部の水分が凍りつくと共に腐敗を進めてしまう酵素の働きも抑えることが出来るので長期間の保存が可能です。

 

ただし冷凍は長期間の保存が可能の保存方法ではありますが、ただあまり長期間保存してしまうと冷凍臭くなり食べづらくなります。

 

そこで適切は処置と期間を知っておくことで解凍した時に美味しいもやしを食べることができます。

 

その方法としては冷凍する前に10秒ほど熱湯にくぐらせることによって、もやしの中の余分な水分と酵素の働きを抑え込みます。

 

そのうえで水分を少し絞ったあとに、ラップに小分けにしてからジップ付き保存袋に小分けにしたものを入れて保存します。

 

そのうえで保存できる期間としては最低でも2週間から3週間をめどにして、2週間から3週間経ったらみそ汁などに入れて使い切ってしまうことが適切な方法になります。

 

 

もやしの賞味期限は未開封の場合どれくらい

 

もやしの賞味期限は未開封の袋を見てみると、書かれていないことが多く、書かれていたとしても消費期限だけの場合が多いです。

 

賞味期限と消費期限の違いですが、賞味期限は、未開封の状態で、表示に従った保存をした場合に美味しく食べられる期限のことを言います。

 

消費期限は、未開封の状態で、表示に従った保存をした場合に安全に食べられる期限のことを言います。

 

賞味期限は5日を越えて保存できる食品に表示されます。

 

消費期限は、5日以内に消費しなければ、著しく品質が落ちる食品に表示されます。

 

例として、弁当や洋生菓子、食肉、低温殺菌牛乳が挙げられます。

 

もやしには消費期限が適用されているということは、それだけ傷みやすい食材であるということの証明です。

 

実際に、もやしがどれくらい日持ちがするかといえば、お店で買ってきて2〜3日と言われています。

 

ただし、お店にどのような状態で売られていたかにもよる為、一概に言うことはできません。

 

もやしを食べるか食べない方が良いのかの判断をする場合は、自分で袋の状態を見てみましょう。

 

根っこが茶色くなっていたり、全体にしんなりして白色ではなく透明になっていたり、水が出ていたり、袋を開封して酸っぱい臭いがしたら、食べない方が良いでしょう。

 

 

関連サイト

 

もやしもヘルシーな食材ですが、健康になるためには、ほかの注意も必要です。

 

特にコレステロールなどについては十分に注意する必要がありますね。

 

私の場合、最初は、お腹周りの脂肪が気になってきたので、防風通聖散を含む燃焼系の漢方薬を使ってみようと、口コミなどから調べて生漢煎を使ってみることにしました。

 

生漢煎について詳しく調べてい方は、こちらのサイトも参考にどうぞ。

 

生漢煎はamazonでいくらで売られている